ミュージック

【春なのに神曲】柏原芳恵さんの80年代の歌や演技の活躍を平成世代に知って欲しい

kashiwabarashie_thumb

ふと過去の昔のドラマや映画を漁っているときに、目についた「女死刑囚」で出演していた柏原芳恵さん。

昭和っぽい演技がありながらもアイドルとしての歌声を聴いたらまーた目だけでなく耳さえも虜になってしましましたね。

ということで、今回は、80年代前半にトップのアイドルを飾った松田聖子や田原俊彦さんと同期の柏原芳恵さんについて、ざっと平成世代の人でも分かるように80年代の活躍を紹介していきます!

柏原 芳恵(かしわばら よしえ)さんのプロフィール

出典:Pinterest
出身地 大阪府大阪市
生年月日 1965年(昭和40年)10月1日
デビュー時期 1980年(昭和55年)6月1日(14歳)
愛称 かしわばら よしえ

キャッチフレーズは「ちょっと大物、夏ひとりじめ。よしえはNo.1。」で1979年の『スター誕生!』にて清水由貴子の「お元気ですか」で合格し、1980年に「No.1」でアイドルデビュー。

1980年は、80年代前半のアイドル界を飾った、田原俊彦・松田聖子・河合奈保子が同期と黄金世代です。

Aito。
Aito。

ただ松田聖子さんとはあまり話す事はなく、岩崎良美さん、河合奈保子さんと仲良しだったらしいです。

今の芸名は「柏原芳恵」ですが、もともとは「柏原よしえ」で平仮名表記でした。

「ハロー・グッバイ」「春なのに」等でヒット曲を出し、80年代前半のアイドル界を盛り上げた一員でもあります!

アグネス・チャンのカバー曲「ハロー・グッバイ」でブレイク

柏原芳恵さんは、1980年6月1日に「NO.1」でデビューします。

その後も「毎日がバレンタイン」「乙女心何色?」「めらんこりい白書」などリリースしますがなかなかヒットせず。

しかし、7枚目シングルでリリースした「ハロー・グッバイ」が約40万枚も売れてついにヒット。

ハローグッバイ出典:Pinterest
リリース 1981年10月15日
シングル 7枚目
作詞/作曲 喜多條忠/小泉まさみ
編曲 竜崎孝路

「ハロー・グッバイ」はアグネス・チャンが1975年に初めてリリースされた楽曲のB面。

この曲をきっかけにブレイクし、発売した1981年のレコード大賞で「ゴールデン・アイドル賞」を受賞します!

アグネス・チャン自身、自分の曲をカバーして皆に知られるようになったことから、柏原芳恵さんに感謝してるそうです。

卒業ソングの定番となった「春なのに」

harunanoni出典:Pinterest
リリース 1983年1月11日
シングル 12枚目
作詞/作曲 中島みゆき/中島みゆき
編曲 服部克久・J.サレッス

柏原芳恵さんの代表曲と言っても過言ではない名曲「春なのに」を1983年1月11日にリリース。

中島みゆきさんが作詞作曲を手掛け、「ハロー・グッバイ」に続いたヒット曲となります。

リズムは演歌っぽさがありながらも、好きな人が卒業して春に会えない寂しさを感じるという切ない歌詞を柏原芳恵の美声で歌い上げています。

春なのに お別れですか 春なのに 涙がこぼれます 春なのに 春なのに ため息 またひとつ

この曲で紅白歌合戦に初出場したり、今も尚、卒業ソングとして愛されています。

女優としての演技力も発揮

「スター誕生」がきっかけでアイドルデビューした1980年前半ですが、1980年代後半は主に演技を中心に活動していたそうです。

特番ドラマ、主演ドラマ、ミュージカルや舞台など、女優としての才能と努力が開花してました。

  • キッド(1981年9月5日〜)
  • 大河ドラマ 山河燃ゆ(1984年1月8日〜)
  • 金曜ドラマ 女ともだち(1986年7月11日〜)
  • 暴れん坊将軍III 将軍琉球へ渡る、天下分け目の決闘!(1990年〜)
  • 竜馬がゆく(1982年1月2日)

たくさんあるので書ききれないですが、とにかく堪らなく演技派でもあり、特に「女死刑囚」の死際を演じる姿は圧巻。

グラビアアイドルで河合奈保子と2強

kashiwabarayoshie-bikini出典:Pinterest

アイドルや女優としてでなく、豊満なグラビアイドルとしても活躍しており、写真集もこれまでに24回発売してます。

1981年12月 映画ファン臨時増刊 柏原よしえ写真集 ’82新春 PART2(愛宕書房)
1983年07月 柏原芳恵 デビュー3周年記念写真集 (デラックス映画ファン特別編集)(愛宕書房)
1990年11月 柏原芳恵写真集 燃えてふたたび(大陸書房)
1995年10月 柏原芳恵写真集 時の愛撫 (竹書房)
2000年01月 艶dless―柏原芳恵二十周年記念写真集(バウハウス)

などなど。。。

己の豊満でセクシーなボディに、写真一枚で訴える世界観から売れに売れまくってたそうな。

当時、河合奈保子さんもグラビアで活躍していましたが、負けず劣らずな人気を博していたそうです。

kawainaoko_thumb
【平成生まれもハマった】80年代前半の河合奈保子さんの魅力やオススメシングルを紹介1980年の松田聖子さんと同じ時期にアイドルデビューした河合奈保子さん。「けんかをやめて」「スマイル・フォー・ミー」等のヒット曲も連発し、グラビアでも男性ファンを圧倒しました。そんな河合奈保子さんについて、今回は最近ずっと河合奈保子さんの曲を聴いている20代が紹介。...

まとめ

歌手としては勿論、女優として、グラビアアイドルとしても多種多様な路線でブレイクしたオールラウンダーです。

松田聖子さんや中森明菜さんのようなアイドルのトップとは言えないかもしれないが、「春なのに」を代表曲とし、当時の男性を虜に落としていったと思います。

今で演技派の女優としても、歌手としても活動し活躍しているので、少しでも興味があれば若い頃の柏原芳恵さんをチェックしてみてはいかがでしょうか。

音楽聴くなら「Amazon Music Unlimited」
Amazon Music Unlimited
Amazon Music Unlimited_600*500
「Amazon Music Unlimited」は音楽、ポッドキャスト等の音楽聴き放題サービス。プライム会員なら更にお得に音楽を聴くことができ、基本的にどのデバイズでも再生可能です。個人プラン、ファミリープラン、Echoプランという3つのプランがあり、あなたに合ったプランで会員登録可能。
月額料金 980円(税込)(プライム会員は780円(税込))
配信曲数 7,000万曲以上
オフライン再生
無料期間 3か月間

\【2021/1/11まで】3か月無料で音楽聴き放題/「Amazon Music Unlimited」を無料体験