ミュージック

アイドル四天王!スケバン刑事や吐息でネット、80年代後半を彩った南野陽子

minnaminoyoko_thumb

80年代後半のアイドルといえば絶対に外せないのが南野陽子さん!

南野陽子_吐息でネット南野陽子「吐息でネット」ジャケット写真(出典:Pinterest

彼女の可愛らしい容姿に素晴らしい歌声から大ヒット曲となった「吐息でネット」でハマる人が続出していました。

アイドルとして四天王にもなったにもかかわらず、その傍らで「スケバン刑事」を筆頭に女優業でも非常に活躍してしました!

今回はそんな南野陽子さんの経歴や魅力を個人的な目線で紹介していきます!

南野 陽子(みなみの ようこ)さんのプロフィール

二代麻宮サキ_南野陽子南野陽子さん(出典:Pinterest)
生年月日 1967年6月23日
出身地 兵庫県
身長 161.8cm
血液型 B型
事務所 ケイダッシュ

18歳の誕生日の1985年6月23日に「恥ずかしすぎて」でアイドル歌手デビュー。

「純だね、陽子」「可憐だね、陽子」のキャッチフレーズの元、アイドル活動をスタートすることになりました。

また、彼女のことを「ナンノ」と愛称として呼ばれていました。

実は、そんな南野陽子さんは、1984年の秋ドラマ「名門私立女子高校」で既に芸能界デビューを果たしています。

すんなりデビューとはいかず、当時は父親から反対されていたらしく、母親が『陽子がやりたいことをやらせてあげよう』と父を説き伏せてくれたそうです。

このエピソードからも家族想いなので伝わりますね。。。

スケバン刑事でトップアイドルの座へ

その後、1985年11月にスタートした「スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説」で主人公2代目・麻宮サキ約を演じて、トップアイドルの座へと駆け上がりました。

スケバン刑事_南野陽子スケバン刑事の麻宮サキを演じる南野陽子(出典:Twitter
あいまる
あいまる

『スケバン刑事II』の頃にフジテレビでとんねるずの石橋貴明がナンノとすれ違った時、あまりの綺麗さに衝撃を受けたらしいですよ。

その後もラジオ番組「南野陽子 落書きだらけのクロッキー・ブック」「南野陽子 ナンノこれしきっ!」をパーソナリティを務め、ラジオで素の姿が見れることから伝説の番組になったそうな。

「吐息でネット。」が流行りオリコン首位取りまくり

「恥ずかしすぎて」をアイドルのデビュー曲として、楽曲を出すうちに徐々にオリコンランキングも上がっていき、1987年2月公開の映画「スケバン刑事」の主題歌「楽園のDoor」で初めてオリコンチャート1位に輝きます。

その後も「話しかけたかった」「パンドラの恋人」「秋のIndiciation」「はいからさんが踊る」「吐息でネット・」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」(1987年1月 – 1988年10月)のシングル楽曲全てオリコン1位を8曲連続獲得。

1988年にNHK大河ドラマ「武田信玄」に出演し1人2役を演じ、プロマイド年間売上で1位を獲得するほど人気ということが証明されていました。

当時は特に「吐息でネット。」が流行り歌番組でたくさん歌っていたそうな。

こんなにも大ヒット曲を生み出した南野陽子さんですが、デビュー曲はめちゃくちゃ苦戦したそうですw

地元の兵庫県から上京し、慣れない標準語に順応しようと奮闘するなか、デビュー曲の収録で大苦戦した。

「人前で歌ったこともなかったのに、シーンと静かなスタジオで、ヘッドフォンをつけて歌うのが恥ずかし過ぎて。声が出なくて2日間歌えなかったんです。スタジオのレンタル期限が迫ってきて、3日めでスタッフの方々が一緒に歌ってくれて、1人抜けて、2人抜けてなんとか(歌えた)」

曲名はもともと『天使のハンカチーフ』だったが、南野の様子を見て作詞家が『恥ずかしすぎて』に変更したという。

デビューしてからも、恥ずかしさを抱える日々は続いた。

出典:https://smart-flash.jp/entame/119157

作詞家も中々の方向転換で、デビュー曲名のルーツがこんなところにあるとは面白いですね。

また当時ハードすぎて点滴を打ちながらヘトヘト状態で芸能生活を送っていたというエピソードもあった中で、アイドルとしてお客さんの前では笑顔を振りまけるなんてど根性が伝わってきます。

80年代アイドルの四天王に入る程の人気

80年代後半に最も活躍した女性アイドル4人の中にも選ばれ、当時アイドル四天王とも呼ばれていたそうです。

  • 中山美穂
  • 工藤静香
  • 浅香唯
  • 南野陽子
アイドル四天王アイドル四天王(出典:Twitter

1990年には、ウィーン・オーパンバルという舞踏会でデビュタント(フランス語で初めて正式に社交界にデビューした人)として社交界デビューします。

1992年には歌手活動を休止し、女優業に専念することになり、映画『寒椿』、映画『私を抱いてそしてキスして』主演し、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

南野陽子さんは現在も女優として活躍中

南野陽子さんの現在は53歳(2020年)で女優業、歌手活動を続けています。

2011年に一般男性との結婚発表も子供もいるそうな。結構このプライベート関係で荒れていた時代もあったそうですが、あまり触れないでおきましょう。

昔と変わらず今も可愛らしい美貌で、最近では国民的ドラマ「半沢直樹」に平山美幸役で出演しています。

またFacebookには、南野さんの日常を投稿しているのでチェックしてみてください。

80年代の南野陽子さんの魅力を肌で感じよう

とにもかくにも当時は圧倒的にアイドルブームの中でも特に人気を博しており、南野陽子さんの音楽を聴いていると、この時代に産まれたかったなと何度も思ってしまいます。

あいまる
あいまる

「吐息でネット」「はいからさんが通る」が個人的に好きな曲なのでぜひ聴いてみてください!

今も昔も良い意味で変わらない南野さんですが、80年代の頃の南野陽子さんのスケバン刑事や歌番組を見て、魅力を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

昭和歌謡曲をスマホで聴くなら「Amazon Music Unlimited」
Amazon Music Unlimited
Amazon Music Unlimited_600*500
「Amazon Music Unlimited」は音楽、ポッドキャスト等の音楽聴き放題サービス。プライム会員なら更にお得に音楽を聴くことができ、基本的にどのデバイズでも再生可能です。個人プラン、ファミリープラン、Echoプランという3つのプランがあり、あなたに合ったプランで会員登録可能。
月額料金 980円(税込)(プライム会員は780円(税込))
配信曲数 7,000万曲以上
オフライン再生
無料期間 3か月間

\【2021/1/11まで】3か月無料で音楽聴き放題/「Amazon Music Unlimited」を無料体験